デリヘル開業 成功と失敗

今、あえてこの業種で勝負しようとしている人たちへ。

デリヘル開業サポートご案内
僕はまた勝負する。
デリヘル 開業
デリヘル開業後の労務管理についてもお任せください。当方、風営法、労働基準法に詳しい社労士兼行政書士です。
澁谷行政書士事務所 澁谷社会保険労務士事務所
090-8483-9508 (~22:00)(平日夜・土日祝問い合わせ可)
メール : sr@shi-bu.sakura.ne.jp
デリヘル開業 メールはこちらまでお願いします。

デリヘル 成功と失敗

 デリヘル開業相談の際、最もよく聞かれる質問のひとつが「開業資金としてどれだけ必要ですか」といったものです。もちろん、答えは個々の状況によって異なりますが、開業資金の多くは広告宣伝費に使われます。言い換えれば質問は「広告宣伝費はどれだけ必要か」、その答えを求めているのかと思います。
 広告宣伝費について、中には最初の3か月は月100万円単位で注ぎ込むと考える経営者もいらっしゃいます。一方、僕自身は、小さく開業し、徐々に大きくしていく、極力リスクを減らした経営をお勧めしています。事実、失敗した人の多くが「こんなにも広告宣伝費がかかるとは思わなかった」、そう話されます。
 どちらが正しいか。正確はなく、考え方の違いです。宣伝広告は確かに豊富に行ったほうが有利かもしれませんが、必ずしもかけた費用に比例して効果が見込めるといったものではありません。また、お金の動かし方については、それまでのビジネス経験が試さます。例えば、それまで月100万円、200万円のお金を動かしていた人にとっては、月10万円、20万円レベルのビジネスは物足りないかと思います。逆に月10万円、20万円のお金を動かしていた人が、100万円、200万円のお金を動かそうとしても、失敗することが多いのも現実です。まずは身の丈に合ったお金の使いかをするべき、そう考えます。